シミトリーのSimiTRY技術の詳細はどんなの?他の製品でもあるの?

シミトリーSimiTRYという成分浸透を高めた独自技術を使っています!

オールインワンでこの技術を使っているのはシミトリーだけなんです。

SimiTRY技術は、肌の保湿構造のラメラに似せた小さなカプセルに成分を包むものなんです。

そのため、成分がこれまでより肌の奥まで入り込めるんですね。

ラメラとは

ラメラシンクロムは、ナノ粒子を使って肌の水分と油分のバランスをとる技術です。ここで作成されたラメラ・シンクロムは、薬用ホワイトニングオールインワンジェルSimiTRYの大きな特徴の1つです。

成分に含まれる化粧品成分は、髪の毛のサイズの約1/100の大きさのカプセルに入っています。このカプセルは皮膚のラメラ構造に似ているため、高い皮膚のなじみを実現することができました。

ラメラ構造は、水と油がミルフィルの形をしている状態です。図(肌保湿成分)のように重なっているものを想像してください。

水と油は通常の方法では混ざりません。以前の技術は、2つの液体を均一にするために界面活性剤を使用していた。 SimiTRYは液体を安定させるために界面活性剤に頼らない技術を使用しています。

SimiTRYのユニークな技術は、従来の乳化技術に不可欠であった界面活性剤の代わりにナノ粒子を使用しています。これらの小さな粒子は化粧品成分を包み込み、水よりも肌が肌になじみやすくなり、肌に浸透しやすくなります。
上記の技術を使用して、SimiTRYは肌の表面にとどまることなく肌の奥深くに入ります。化粧品成分は角質層まで浸透し、肌を一からケアします。

ラメラ構造って?

ラメラ構造は、皮膚表面の角質細胞間の空間を埋める水と油の重なり合う構造です。重なり合う層はラメラと呼ばれる。

皮膚の最も外側では、角質細胞と呼ばれる死細胞が皮膚を保護します。角質細胞はレンガのように並んでいますが、レンガとレンガの間に接着剤として機能する特別な液体があります。この特別な液体は水分と油の層であり、そして肌をしっとりと保ちます。

ラメラの構造を説明するときに、「赤ちゃんの肌が餅餅である理由」を挙げます。赤ちゃんの肌がもちもちであるのはなぜでしょう…それはラメラ構造が整っているからです。ラメラ構造が適所にあれば、それは皮膚の水分と油のバランスをとります、そしてそれだけでもちもちの赤ちゃんの皮膚になることができます。

ラメラ構造が規則的かつ均一に整列していると、皮膚の水分が逃げにくくなり、外部からのダメージを防ぐことができます。角質細胞の代謝回転も普通に機能するので、それは作られた汚れの除去を促進するでしょう。

一方、大人の肌は汗や皮脂で湿らされているので、しっとりとしています。しかし、ラメラ構造が乱れていると、水分が油の中から蒸発するため、皮膚の内側は空で乾燥していることがよくあります。さらに、外部刺激を受けやすくなる。

ローションが塗られても、それは肌によく浸透しません、そして、それが永遠に肌に残るように感じられるならば、またはあなたが肌のゴアを心配するならば、注意してください。

また、敏感肌は通常の肌に比べて薄層状のため、肌の潤いを十分に保つことができず、外部からの刺激を受けやすいです。

敏感肌を持つ多くの人は、しばしば乾燥肌です。敏感肌や乾燥肌がしみやしわなどの肌の問題を起こしやすくしています。

ラメラ構造が肌のバリア機能の多くに関与しているため、肌を美しくすることが不可欠のキーワードです。

シミトリーの公式サイトを見てみる

投稿日: